寺院の守護者の筋肉質な腕とSF番組の「怪獣」の足は、文化的アイデンティティを形成する最も強力な2つの要素として、宗教と大衆文化を示している。これらのイメージは、互いに対照的であり、補完的でもあり、私たちが崇拝するものと購入するものとの間の境界線がますます曖昧になってきていることを強調している。迷信と消費者主義のカルト。

 

The muscular arm of a temple guardian and the foot of a 'Kaiju' (Monster) from a popular TV-series propose religion and popular culture as two of the most powerful forces that shape cultural identity. The images both contrast and compliment each other, highlighting how the lines between what we worship, and what we buy have become increasingly blurred. Superstitions and the cult of consumerism. 

The archive images below show the flipside view.

Foot of Guardian Deity | Zojoji Temple, Tokyo | 2015

守護神|東京都・増上寺|2015年

 

Kaiju | Sukagawa, Fukushima | 2015

怪獣の足|福島県須賀川市|2015年

Kaiju | Sukagawa, Fukushima | 2015

怪獣|福島県須賀川市|2015年

Foot of Guardian Deity | Zojoji Temple, Tokyo | 2015

守護神の足|東京都・増上寺|2015年